5種類も楽しめる炭酸パック、ピュアバブルを調査!

 

ピュアバブルの炭酸パックは、開いた毛穴もしっかりとケアしてくれる優れもの。袋から出してからシュワシュワし始めるので、炭酸の新鮮さが感じられますね。血流をどんどん促進させて、肌の調子を整えてくれます

ピュアバブルってどんなコスメ?

●泡が毛穴に集中攻撃!

肌にのせると発生する泡が、毛穴に働きかけて汚れを落とし、引き締める効果があります。肌の毛穴が目立つ人にはオススメです。●ホワイトニング成分も配合!

知らず知らずのうちに肌は紫外線にさらされています。積もり積もって肌ダメージへと繋がる前にケアしておくと、紫外線が原因の肌ダメージが無かったことに!●5種類から選べる!

ローズ、青リンゴ、パール、ローヤルゼリー、海藻の5種類から選べます。その日の気分やトラブルの種類によって選んで使用するとより効果がアップします。

ピュアバブルについてもっと知りたい!

■ピュアバブル

ピュアバブル

1回分ずつの小分けとなっています。1つ105円で購入できます。1回につき105円ということなので、リーズナブルに楽しめます。
配合されている特別成分

5種類それぞれに異なる成分が含まれています。その中の注目成分をご紹介します。

  • ローズ

バラエキスが配合、保湿に優れています。

  • 青リンゴ

リンゴエキスが配合、肌を柔らかくして潤いを与えます。

  • パール

パール成分が配合、保湿と潤いが同時に叶います。

  • ローヤルゼリー

ローヤルゼリーエキスが配合、荒れにくい肌作りを目指せます。

  • 海藻

アルゲエキスが配合、乾燥しにくい肌にしてくれます。

それぞれの特徴的な成分と、その効果についてご紹介しました。
5種類あるので、自分の悩みに合わせて選べるのも特徴ですね。

使用方法
1回分に小分けされているので、洗顔をしてから顔の水分を拭き、袋を開けて手のひらの上に出します。
そのまま顔にのせて洗顔をするように顔全体をマッサージしてください。徐々に泡が出てくるはずです
。何度か繰り返し泡でマッサージをして、最後は洗い流します。
炭酸パックを終えた後は、しっかりと保湿をしてあげてください。

ピュアバブルを体験してみて・・・

ピュアバブル体験1回分で小分けになっているのが私としてはとても魅力でした。保管に場所をとらず、必要な分だけ使えます。
新鮮さを保つ意味でも、炭酸パックが1回分ずつ小分けになっているほうが新鮮に感じましたよ。
実際に使ってみると、その小さなサイズからは想像できないほどに泡が発生して、適度な炭酸の刺激を受けました!
毛穴が開いて汚れも詰まりやすく、気になっていたのですが、泡が毛穴の汚れまでキレイにしてくれるようです。さらに引き締め効果もあったみたいで、あれだけ毛穴が気になっていた部分も、すっかり目立ちにくくなりました。

ピュアバブル使用者のクチコミをチェック!

スパオキシジェルの口コミ

口コミ21回あたり105円という値段の安さに惹かれました。炭酸パックの中ではとても安い金額設定ですよね?そんなに安いとは思えないほどに効果を発揮してくれるので、私の中では大ヒット商品です!大事な日の前日にやるだけで、次の日の肌に違いが現れます。

罫線1

口コミ3普段とは違う環境になると肌荒れが起こりやすい私は、小分けパックを旅行用として常にストックしてあります。旅行先で肌の調子が乱れることもあるので、夜には炭酸パックで調子を整えています。ケアを始めてから、トラブルが起きる頻度も減りましたし、万が一のときも持っていれば安心です。
持ち運びが楽なのもいいですね。

罫線1

口コミ4種類の多さが魅力でした。最初はローズを使っていましたが、ローヤルゼリーのも興味が出てきて使ってみたり。青リンゴも試しましたよ。どれも肌が荒れることもなく、むしろどんどんキレイになっていく自分の肌に驚くぐらいです。

罫線1

口コミ1何をやっても肌荒れが治らずに、半ば諦めていたときに出会いました。1回だけまず試してみようと購入し使ってみたら、今まで悩んでいた肌荒れに改善する気配が・・・すぐに追加購入して継続的に使っています。今では肌荒れなんてあったっけ?というぐらいに自分の肌が大好きです。

罫線1

口コミ2毛穴の悩みに効果があると聞き、使っています。確かに、毛穴が目立ちにくくなったかな?ファンデーションなしでも出かけられる美肌を目指して、もう少し頑張ってお手入れしてみます!

公式サイトで更に詳しくピュアバブルを知ろう

1回分ずつの小分けでコンパクトであるのと共に、値段までかなりリーズナブルで人気です。毛穴が目立つお肌に泡が効果を発揮できるので、使い続ければファンデなしの生活も夢ではありませんよ。

リンク1>>ピュアバブルを公式サイトでもっと詳しく<<リンク1

 

このページの先頭へ