ゆらぎ肌からの脱出!イソフラボン

 

肌の調子は時期によって、変わりやすいものでもあります。調子がいいときと悪いとき、どちらのスキンケア方法も身につけておく必要があるでしょう。特に女性は生理周期なども関わりますので、女性ホルモンがポイント。
.

イソフラボンとは?

女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする成分とされています。主に大豆製品から摂取できます。豆乳が美容よいと女性の間で人気なのも、その理由です。
エストロゲンには女性ホルモンのバランスを整える働きがあり、多すぎても少なすぎてもいけないホルモン。それが絶妙なバランスで保てているときこそ、女性が心も身体も元気でいられる時期なのです。このホルモンバランスが乱れることで、気持ちの落ち込みやイライラに繋がったり、肌については荒れやすくなったりニキビができたりといった問題が引き起こされます。それを防ぐために効果を発揮するので、美容でも効果は注目されています。
.

  • イソフラボンが必要な年代

エストロゲンは、年齢を重ねるとともに不足しがちになります。特に更年期にさしかかる年代が最も減少する頃となるでしょう。
その頃になると、肌の弾力が失われたり、様々な肌トラブルが増えるといったことが起こりやすくなります。これらの問題には、減少していくエストロゲンの代わりにイソフラボンが働いてくれることで、肌がよい方向へ向かっていってくれますよ。

.

肌にもたらす嬉しい効果

●ホルモンバランスで起こる肌荒れ
イソフラボンはニキビや乾燥などに期待できるでしょう。皮脂の分泌を抑えてくれるので、ニキビが出来にくい肌を作ります。また、乾燥しないように水分を維持し、年齢と共に気になるたるみやシワなどに対しても、肌にハリ・ツヤを持たせることでケアするサポートできます。

.

●透明感のある肌へ
体調がわるくなると、その影響は肌にもあらわれてきます。イソフラボンで健やかな状態になることで、肌はイキイキとした色が出てきて、透明感も出てきます。

.

健康にもいいとされる成分は、美容分野でも色々な効果をもたらすため、化粧品に配合されています。イソフラボンもその一つ。美しい肌を作り出すためには、おすすめの成分です。

.

 

このページの先頭へ