パックから肌に栄養補給、コラーゲンのチカラを目一杯吸収しよう

 

肌がプルプルなどと表現しますが、そのプルプルは実はコラーゲンのある証拠。若いうちは誰だってプルプルしているのですが、年月が経ってダメージが蓄積され、年齢のせいもあってプルプルしたお肌は失われてしまいます。
肌に弾力がない、これは外見が示す衰えですね。パックなどでそのプルプル感を取り戻すべく、ケアを頑張っていきましょう

コラーゲンとは?

美容成分として用いられることの多いコラーゲンです。よく聞きますよね。実際にはどのような働きをしてくれているのか、気になるところですね。
成分としては、タンパク質の一種。実際に人間の体にも存在する成分です。身体の中でおおよそ5%前後の割合で含まれています。身体の全ての5%前後という数字は、少なく見えるかもしれませんが、実はかなりの割合です。ヒトでは全タンパク質のほぼ30%をコラーゲンが占めているのです。

  • 本来の働き

細胞と細胞を繋ぎとめる働きがあるので、本来その細胞があるべき場所にしっかりと留まらせて、細胞と細胞の間でクッション材、もしくは糊のような原理で存在しています。
細胞の外に存在している成分としては、エラスチンなどと一緒に働いて細胞を支えます。
しかし、年齢とともに減少するといわれているので、その分外から補給をするという方法で不足分を補わなくてはなりません。実はなくてはならない成分なのですね。
美容においても非常に重要な成分とされており、多くの化粧品に含まれています

  • 食物からの摂取も盛ん

もちろん、タンパク質なので、食物からも摂取は可能です。食物から摂取する際は、見た目がプルプル感のあるもの、フカヒレや鳥の皮などに含まれます。女性に人気!などと入っていることを売りとして宣伝している食べ物もたくさんありますよ。

肌にもたらす嬉しい効果

●肌の弾力
細胞と細胞のつなぎあわせをしているので、肌の弾力はコラーゲンのおかげです。なくなってしまうと細胞には支えがなくなり、弾力どころかたるみなどが発生してしまうでしょう。
肌全体の見た目年齢を変える、弾力を形成してくれるチカラがあるのです。

●潤い
肌の弾力がなくなってしまうと、水分を保持する機能が弱ります。そのため、シワができやすくなり、同時に弾力がなくなるとたるみも同時に起こることが予想されます。細胞がしっかりと正しい位置に定着できないのですから、当然ですね。
コラーゲンが正しく働いていることで、肌の内部の水分も安定して保てるようになるでしょう。

 

このページの先頭へ