美白ならお任せ!アルブチンパックで得られる白いお肌

 

美白成分のひとつであるアルブチンはシミやそばかすを予防してくれるパワーを持っています。

.

アルブチンとは?

一言でアルブチンといっても、実は2種類に分かれています

*βアルブチン

元々化粧品に使われていたものはこちらとされています。もともと資生堂が開発した物質でハイドロキノン配糖体を使って作られています。ナシ・コケモモ・ウワウルシと呼ばれる植物から摂取できる成分です。
.

*αアルブチン

こちらは最近化粧品に使われ始めたもので、ハイドロキノンに対してブドウ糖をα結合させて作られたものを指します。一度処理を行っているため、安定性があり、化粧品にも配合しやすくなっています。
.

【美白効果の違いとは】
.

基本的にどちらにも美白に効果のある成分とされていますが、より新しい「αアルブチン」のほうが効果が高く、一歩リードといったところでしょうか。
というのも、肌に馴染みのいいように改良されているため、このような違いが出てくるのです。その違いはおおよそ10倍ともされています。とはいえ、天然成分にこだわりたいという理由でβの方を好んで使われる方もいます。天然成分なので、安定性がなく使いづらい場合もありますが、やはり一番安心して使えるからと、選んでいるのでしょう。
.

配合されている化粧品を選ぶ際はどちらのものを使っているか、一度チェックしてみてください。一長一短ということにはなりますが、同じ成分でも2種類あるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

.

肌にもたらす嬉しい効果

●美白
なんといっても、そのチカラは美白で試されます。厚生労働省からも、医薬部外品として認可されているので、その安全性と効果は確かなものといえるでしょう。おおよそ20年ほど前から化粧品に対して使われるようになり、歴史もあります。使えば使うほどに、肌全体のトーンアップを実現。くすみがちだったお肌に対しても、顔色を明るくする効果をもたらしてくれますよ。

.

●シミ、そばかす
加齢とともにできてきたシミ、思春期にでてきたあるそばかすや、思春期に出来てしまったニキビの跡など、なかなか消し去るのが難しいとされている色素沈着に対しても有効な成分です。気になるシミやそばかす、ニキビ跡がある人にはオススメです。
どんな色素沈着にも効いてくれるので、トラブルごとに化粧品を使い分けなくてよいというのも嬉しいことですね。

.

 

このページの先頭へ