肌が生まれ変わる?リンゴ幹細胞で美しい肌を手に入れよう

 

リンゴ細胞を再生させるチカラがある、リンゴ幹細胞。美容でも再生力が注目されており、コスメにも使われ始めています。
使われているメーカーはまだ限られていますが、美容分野でこれから注目をされる成分のひとつです。エイジングケアにぜひ取り入れたいですね。

リンゴ幹細胞とは?

幹細胞コスメが人気を集めている今、リンゴ幹細胞ってどんなものなの?と気になりますね。まだまだ含まれている化粧品は少ないのですが、今最も注目するべき成分であることは間違いありません。

  • 植物の生命力を肌へ

リンゴの中には収穫から何ヶ月か経過をしても腐らないものがあります。それは細胞を次から次へと作り出し、常に新鮮な状態でいられるからだといわれています。人間の細胞も同じ、一度老化したものは若返ることができません。だからこそ、新しい細胞を作りだす手助けをするのが必要です。リンゴ幹細胞は表皮に存在する幹細胞に栄養を与え、肌本来の再生能力を高めると言われています。なのです。

  • 希少なリンゴから産まれる

どんなリンゴでもいいわけではなく、生命力の強い「ウトピラー・スパトラウパー」という木からなるリンゴのみに含まれています。「ウトピラー・スパトラウパー」とは4ヶ月腐らないリンゴとも言われ、メディアでも多く取り上げられています。そのリンゴ幹細胞は、とても希少な成分なのです。

肌にもたらす嬉しい効果

●細胞を活性化
細胞のダメージは蓄積していくことが知られています。一度受けたダメージを完全に元に戻すことは困難です。細胞を活性化させ、ダメージからの回復力を持たせることが重要です。幹細胞でも2種類あり、表皮幹細胞が肌そのもの、真皮幹細胞がコラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞を生み出す手助けをします。

●ターンオーバー
肌は正常なターンオーバーを繰り返し、美しい状態を保っています。年齢やダメージの蓄積などでターンオーバーが正常にできなくなると、肌にはトラブルが起こります。そのためターンオーバーを正常に保つことはスキンケアの基本中の基本となる重要なポイントです。ここでもリンゴ幹細胞の活躍が期待できます。

●エイジングケア
特に年齢を重ねてエイジングケアを必要とする人には嬉しい効果をもたらします。細胞をイキイキさせることで肌トラブルのケアへと繋がっていきます。

 

このページの先頭へ