美容に◎な成分たちを解説していきます

 

炭酸イメージ有効な成分を含めることで、より一層お互いの長所が引き立つように作られています。

一つの効果よりも、複数の効果が得られるほうが、肌のお手入れも楽になるでしょう。スキンケアをするうえで欠かせない基礎化粧品。しかし、さらに効果的なケアを進めていくのであれば、美容パワーが期待できる成分にも注目する必要があります。

一つの効果よりも、複数の効果が得られるほうが、肌のお手入れも楽になるでしょう。

リンゴ幹細胞

腐らないリンゴと言われる「ウトピラー・スパトラウパー」という木からなるリンゴから抽出された細胞で、肌細胞を活性化させる働きを持つと言われています。希少な成分で、配合されているコスメはあまり数がありません。

泡4>>リンゴ幹細胞について

フコイダン

海藻のぬめりに含まれているフコイダンは、もともと海藻本体が傷つくことを防ぐための成分。化粧品成分として肌に与えても、肌トラブルを未然に防ぐ働きをサポートしてくれます。保湿、美白、抗酸化作用を持っていますが、炭酸と組み合わせると、相乗効果でその実力を最大限に発揮してくれます。

泡4>>フコイダンについて

ヒアルロン酸

保湿成分として、さまざまな基礎化粧品で使われるポピュラーな成分。角質層にうるおいを与えるパワーにより、みずみずしい肌へと導いてくれます。

泡4>>ヒアルロン酸について

コラーゲン

ハリのある肌を目指せるとして、美容意識の高い女性に大人気の成分。ヒアルロン酸と並び保湿成分として、こちらも基礎化粧品でよく扱われています。

泡4>>コラーゲンについて

プラセンタ

命の源と言われる「胎盤」から抽出されたエキスです。代謝をサポートする、「成長因子」という成分を含んでいることが特徴。単体でも美容への働きかけが期待できる成分です。

泡4>>プラセンタについて

フラバンジェノール

松の樹皮から摂れるフラバンジェノールは、その年齢肌をケアして、若々しい肌をサポートしてくれるといわれています。

泡4>>フラバンジェノールについて

フラーレン

ビタミンCの約100倍の抗酸化力を持つといわれるフラーレン。天然成分では、ごく限られたところでしか得ることができない希少な成分。日焼けによるシミを防ぐ効果も期待できます。

泡4>>フラーレンについて

アルブチン

メラニンを抑制することでシミを予防する効果があるとして知られるアルブチン。美白を目指したい方に注目されている美白成分です。

泡4>>アルブチンについて

オリゴペプチド

EGFと同じ働きをすることで大注目のオリゴペプチド-24。代謝にかかわる働きをするため、健やかな肌を目指すことができます。

泡4>>オリゴペプチドについて

ローヤルゼリー

成長ホルモン「パロチン」を含む、女王蜂専用の食べ物。アミノ酸など栄養も豊富で、エイジングケアとしても注目の成分です。

泡4>>ローヤルゼリーについて

スクワラン

肌が持つバリア機能をケアしてくれるスクワランは、天然由来成分のため、肌へのなじみがよい成分です。保湿成分としても扱われ、多くの基礎化粧品に配合されています。

泡4>>スクワランについて

イソフラボン

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするイソフラボンは、ホルモンバランスをケアし、肌の調子を高めてくれることが期待できます。

泡4>>イソフラボンについて

このページの先頭へ