パック前洗顔の大切さ

 

脂性肌の人はもとより、乾燥肌を自覚している人でも洗顔後に化粧水・乳液・美容液をつけて時間が経つと、鼻の周りや眉間、おでこなどにうっすらと皮脂が浮かんできます。
また、気温の高い時期などは汗もかきますね。炭酸パックの前には必ず洗顔をして皮脂・汗をオフし、顔の皮膚全体をきれいにすることを心掛けてください。

気をつけること

洗顔イメージ炭酸パック前の洗顔は「きれいにする」ことが大事です。
洗顔をするとき「皮脂を取りすぎないように」という配慮をする方も多いと思いますが、炭酸パック前の洗顔は「汚れを取り除き、皮膚を清潔にすること」を第一に考えて下さい。

メークオフし、できればお風呂に入って汗をかき、皮脂汚れの排出をうながしてから洗顔をするのがベスト蒸しタオルで温めて毛穴を開いてから洗顔しても良いでしょう。
ただし、お肌にダメージを与えるほど洗いすぎてしまわないよう気をつけましょう。

効果的な洗顔方法

.

洗顔洗顔には「あたたかくて気持ちいい」と感じることのできるぬるま湯を使いましょう。
37~38度くらいの少しぬるめのお湯には、皮脂汚れを優しく落とす効果もあります。冷たすぎる水や、熱すぎるお湯で洗顔するのはもちろんNGです。

.

まず、普段お使いの石けんや洗顔料を念入りに泡立ててください。きめ細かな泡が毛穴に優しく触れることによって、毛穴をふさいでいる皮脂汚れも取り除くことができます。
石けん・洗顔料に水を含ませ両手で優しく泡立て、空気を入れ込むように、泡を増やしていきましょう。やりにくい方は市販の泡立てネット等を使うのもおすすめです。
洗顔料のコマーシャルのように泡がモコモコとたっている必要はありません。顔と手の間に泡があり、手のひらが顔をごしごしと摩擦することがなければ大丈夫です。

.

おでこ・鼻筋(Tゾーン)のほうが皮脂や汗腺が多いので、まずTゾーンに泡をのせて円を描く気持ちでくるくると洗い、そのあと顔全体にやさしく泡を伸ばしてマッサージするように洗ってください。
泡でマッサージする時間は、20秒くらいが良いようです。

.

そして、ぬるま湯でやさしくすすぎましょうすすぎ残しのないよう、髪の生え際やフェイスラインの下のほうも念入りに。石けんのヌルヌルした成分も、炭酸パックがお肌にフィットする際のさまたげになります。

洗顔終了後、パックの前にはお肌をやさしく冷やしましょう冷やすことで炭酸の働きを活発にし、血行を促します。冷タオルや保冷剤を使うと便利ですよ。
ちなみに、化粧水・乳液・美容液を使ったケアは炭酸パック終了後に行います。

.

洗顔は正しい炭酸パックの第一歩洗顔をしっかり行うことで炭酸パックの効果はより高いものになります。ぜひとも念入りに行って下さい。

おすすめの炭酸パックはこちら!

リンク3エレガドール

幹細胞は再生細胞のひとつ。肌の細胞を再生して、失った弾力を取り戻すために働いてくれます。フコイダンも配合されているので、同時に外からダメージを受けにくい肌作りができ、より健康な肌を維持しやすくなるでしょう。

 

このページの先頭へ