炭酸パックで安いのは?

 

ひとくちに炭酸パックと言っても、その人気ゆえ今では数々の製品が店頭やネット上に並んでいます。安価なものは500円程度から、高価なものになれば1万円を超えるものも。サロンで炭酸パックを施術してもらった場合はもっと高価になってくるでしょう。では、数多ある炭酸パックから安くて良い炭酸パックを選ぶには、どうしたらいい?

ppmと成分、そして価格をチェック

説明イメージ炭酸パックを選ぶうえでカギとなるのは「ppm」と「成分」の2つ。加えてやはり、値段の安いことも重要ですね。

ppmとは、炭酸の濃度を表す単位のこと

炭酸パックはもともと皮膚疾患(褥瘡、床ずれなど)の治療用に開発されたもので、治療に使うパックには「ppm濃度1000以上」という目安があります。研究開発の結果、これくらいの濃度の炭酸なら効果があるとされているのです。

美容向けの炭酸パックとして市場に出回っている製品も全て、ppm濃度が1000以上のものです。そのなかで、どれくらいの濃度のものを選ぶか。炭酸の強いものだと、強炭酸をうたっているお酒などのように刺激が強そうで、大丈夫かな・・・と思われる方もあるかもしれません。
ですが、炭酸パックに関してはppm濃度の高いほうが、素肌への浸透力があるという点でおすすめです。

最近は、次々とppm濃度の高い炭酸パックが発売されています。
とくに「エレガドール フィトセル 炭酸パック」のppm濃度は4000ppmと非常に高いもので、スプレー缶入りなので使用期限内に使いきれば炭酸が弱くなる心配もありません。

成分は、どのようなものを選ぶといいの?

次に意識したいのは炭酸パックに含まれる成分です。炭酸パックの使用をお考えになる30代以降の皆さんの素肌の悩みもいろいろです。しかし、やはりどんな肌質をお持ちでも必要な美肌要素は「ハリとツヤ=潤い」ではないでしょうか。
たるみなくピンとハリがあり、潤いを長時間保てる素肌は、年齢を重ねても見た目に老いを感じさせません。お肌に優しく、潤いを与える成分とは、どんなものでしょうか。

幹細胞イメージ「エレガドール フィトセル 炭酸パック」は、天然の潤い成分を多く含んでいます。
植物由来の成分を配合していますので、あらゆる肌質の方に安心してお使いいただけます

なかでも特筆すべきは「リンゴ幹細胞」と「フコイダン」の2つ。「リンゴ幹細胞」は、衰えつつある肌に栄養を供給し、再生を手助けする力があります。その名の通りリンゴから取れる成分です。
一方「フコイダン」は海草に含まれる食物繊維です。「エレガドール フィトセル 炭酸パック」は、天然モズク由来のお肌に優しいフコイダンを配合しています。
これらの成分を含む炭酸パックでしっかりとお肌に潤いと栄養分を送ることで、お肌のハリ・ツヤを高める、あるいは取り戻せることでしょう。

「エレガドール フィトセル 炭酸パック」は、内容量が45回分で一回あたり100円あたりととても安いものです。お金をかけずに美肌に近づける炭酸パック、さっそくお試し下さい。

おすすめの炭酸パックはこちら!

リンク3エレガドール

幹細胞は再生細胞のひとつ。肌の細胞を再生して、失った弾力を取り戻すために働いてくれます。フコイダンも配合されているので、同時に外からダメージを受けにくい肌作りができ、より健康な肌を維持しやすくなるでしょう。

 

このページの先頭へ