ツルツルお肌を目指すならジェルパック!

 

ジェル状になっているものを肌にのせてパックするからジェルパック、ではあるのですが、ここで重要なのはその成分の中に炭酸が含まれているという点です。美容業界でジェルパックと言えば炭酸パックのことを指していることがほとんどです。ジェル状の美容液がついているシートマスクもありますが、それはあくまでシートパックの範囲に入るので純粋にジェルを肌に広げていきパックするものとは区別されています。

じっくりパックでしっとり肌!

様々な会社から種類豊富なパックが販売されているジェルパックですが、基本的な使い方は大体同じです。洗顔後の肌に広げてラップや専用のマスクでパックし数分から数十分おいてから拭き取るか洗い流すという簡単なものとなっています。

10分程度のパック時間のものが多いですが中には30分ほどおくことを推奨しているものもあり、じっくり時間をかけてパックすると考えていたほうがよいかもしれません。
ジェルになっているので液体より扱いやすく顔にも広げやすいのでパック初心者でも失敗が少ないのも特徴です。

じっくりパックしていくので肌への浸透もよく忙しい日常の中でもパックの時間はリラックスして過ごすと決めていれば30分なんてあっという間に過ぎてしまいそうですね。

原理を知れば納得の効果

おすすめイメージジェルパックの代表格である炭酸パック、そこに含まれているのは二酸化炭素です。二酸化炭素を肌に塗る、と聞くとなんだかマイナスイメージに感じますよね。実はあえて肌を酸素不足にすることで肌が本来もっている力を最大限引き出しツルツルつやつやのお肌を目指すパックなのです。

酸素不足になると、酸素を一生懸命取り込もうと酸素を体中に運んでいる血液が頑張り始めます。すると、血液の循環がよくなっていき、新陳代謝も促されます。その結果元気がなくしわやたるみの目立っていた肌がツルツルの元気いっぱいのお肌へと変わっていくことになります。

美容品の欠点といえば、肌質によって合う・合わないがでてきてしまうところですが、炭酸ジェルパックなら肌を酸素不足にするだけなので合うも合わないもありません失敗ということが他のパックと比べて少ないのもいいところですよね。

自分で作ることもできるコスパのよさも売り!

なんでも手作りするのが好き、とにかく費用をおさえたいと言う人は炭酸パックを自分で作ることもできます。材料もドラッグストアで手に入るようなものでできますし、慣れてしまえば簡単です。

商品として販売されているジェルパックもパックの直前で混ぜるタイプのものと1回分ずつ包装されているものとがあるのでライフスタイルに合わせて、お好みのものを購入するとよいでしょう。
人気があるパックなので価格は激安と表示されているものからスペシャルケアとして考えないとつらいかもという高価格のものまであります。

ジェルパックは連続して使用し一定期間以上使用することで効果が期待できるものなので続けられるかどうかを選択の目安にしてみるのもいいかもしれませんよ。

 

このページの先頭へ