週に1度の泡パックで毛穴汚れ知らずに

 

泡パックの最大のメリットといえば、手持ちの洗顔料でできるという点です。いつもの洗顔のときに泡立てるよりも泡立てるネットを使ってもっともっと泡立て、ふわふわとした泡が崩れないくらいにしっかりと泡立てたものを顔にのせ、ちょっと置いてから流すという簡単なパックです。
泡立てネットがないと筋肉痛になってしまうかもしれませんが、数百円で売られているネットさえあれば今日からでもできてしまいます!

気持ちよすぎてやりすぎてしまうのは逆効果

注意イメージどんなものでもそうですが、やりすぎは禁物です。
特に泡パックは30秒から1分くらい置いてすすぐのが正しい方法で、数分以上のせたままにしてしまうと、肌に必要な油分や水分までも吸い取られてしまい乾燥の原因になってしまいます。

モコモコふわふわの泡パックはのせているだけでも気持ちよくてついつい長くつけていたくなってしまいますが、そこはお肌のためという大前提を忘れずにしっかり洗い流しましょう。
そして洗顔後はいつもの化粧水や乳液などのケアもしっかりしてすっきりきれいになった毛穴を引き締めて蓋をしてあげましょう!

肌のくすみや毛穴の汚れが気になる人に!

泡パック肌の色のトーンが気になるときや、毛穴の汚れが落ちないが特別なケア用品を買うのはもったいない気がする、という人は是非泡立てネットを用意して試してみることをオススメします。

その時気をつけることは、毎日やらない!ということです。夏場など皮脂の汚れが気になる時期は特に毎日やりたくなってしまいますよね。

でも、汚れが取れたあとそこへまた汚れがたまる前にパックしてしまうと必要な水分などが吸い取られたり、肌に目で見えないほどの傷がついてそこから菌が入るとニキビなどの原因にもなってしまいます

泡パックは簡単で手軽にできるパックですが、スペシャルケアの位置づけで週に1度、夏場などどうしても気になるときに多くても週に2回くらいのペースで長く続けることが肝心です。

もちろん専用の泡パックを買っても!

簡単お手軽が売りの泡パックですが、その効果の高さから専用の泡が出てくる商品も販売されています。もちろんそれらを使っても同じような効果が得られますし、泡立てる手間がなく楽チンです。
購入の際は、ヘアケア用品やヘアカラーにも泡パックが使われているので顔に使えるものかどうかのチェックは必ずしてくださいね。

せっかく専用のものを購入するなら炭酸パックがオススメです!炭酸パックはジェルパックがほとんどを占めていますが、炭酸泡パックもあり、より使いやすく、血行をよくしたり新陳代謝を促す効果も期待できる優れものです。

炭酸パックといってもシュワシュワの炭酸が入っているわけではなく二酸化炭素が入っているものなので肌への刺激も少なく医療用として扱われることもあるものが泡になって出てくるだけなので安心です。

専用のものでも家にある洗顔料を使っても、泡パックの注意点である、週に1度、30秒から1分で洗い流す、という点は変わらないのでやりすぎず、ピカピカお肌を目指してくださいね!

 

このページの先頭へ