次世代のエイジングケアコスメ「幹細胞化粧品」

 

幹細胞を使った化粧品は、少しずつではありますが数を増やしてきています。これらのコスメは肌を再生させると言われていますが、実際なぜそのような働きが期待できるのか、知らない人の方が多いのではないでしょうか?また、イメージで「細胞を肌に塗るってどういうこと?」と不思議に思われている方もいるようです。ここでは、そんな次世代コスメに焦点を当てて、分かりやすく解説していきます。

幹細胞化粧品とは何なのか

  • まずその存在について知ろう

この細胞は、簡単に言うと「細胞を生み出すもととなる細胞」。体の至るところに存在し、各臓器や血液、肌などを作り出しています。
この細胞は、再生医療の現場などから大きな期待をされている存在。
同時に、肌を再生させる今までにない化粧品が作れるのではないかと、美容業界からも大きな関心を持たれています

美容について関連性の深い幹細胞には、下記の2点が挙げられます。

*肌を作り出す表皮幹細胞

*真皮層でコラーゲンなどを生成する繊維芽細胞

細胞は年齢と共に衰えていきますが、もし化粧品によってそれを活性化させることができたなら、真の意味でのエイジングケアが実現するのではないでしょうか。

  • コスメとしてどのようなものがあるのか

では、具体的にどういったコスメが現在発売されているのでしょうか。
市販されているものを調べたところ、クリーム、美容液、パックなどさまざまな形態のコスメに、配合が開始されているようです。最も種類が多いのは、美容液でしょうか。

現在、有名な化粧品メーカーには、カメリア、メナード、アルビオンなどがあります。

肌にどのような働きかけをしてくれるのか

お肌に対して具体的にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

先ほど述べたように、お肌には繊維芽細胞と表皮幹細胞という2種類が関わっています。幹細胞コスメを肌に直接塗ることによって、この2つの細胞が活性化することが期待できます。

*繊維芽細胞が活性化すると

繊維芽細胞とは表皮の下、真皮層と呼ばれるところに存在しています。
真皮層では、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどが繊維状となって存在しており、いわゆる「肌のハリ」をささえています。
これらを生成するのが、繊維芽細胞です。

年齢によって繊維芽細胞の働きが徐々に弱ってくると、生成されるコラーゲンなどの量が減り、必然的に肌もハリを失います。

繊維芽細胞が元気になると、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成量が増え、瑞々しい弾力が戻ってくると考えられます。

*表皮幹細胞が活性化すると

表皮の一番底である「基底膜」というところに、表皮幹細胞があります。
ここから表皮細胞が作り出され、ターンオーバーに乗り角質層まで押し上げられて、お肌が作り出されます。

ターンオーバーは年齢によって遅く、そして乱れがちに。角質層で古い細胞がなかなかはがれなくなるため、肌の透明感は失われ、ごわついたようになります。

表皮幹細胞を活性化することができれば、ターンオーバーが正常に整い、透明感が戻ってきます

選ぶなら、血行改善もしてくれる化粧品を

おすすめイメージここまでで、幹細胞の働きについて知っていただけたと思います。
では、実際に化粧品を選ぶとき、どんなものをセレクトすれば良いのでしょうか?

ここで一つ、注意して頂きたいことがあります。

それは、「細胞の元気には血行も大きく関与している」ということです。

細胞は血液から栄養を得て活動していますが、女性には冷え性の方が多いですよね。
せっかく化粧品で細胞を活性化させても、血行が悪ければ栄養が行き亘らず、その効果を十分に引き出せません。しかし、冷え性は体質ですから、一日二日で改善することは不可能。

そこで、血行を改善してくれる商品を探してみました。
たどりついたのは、下記でご紹介するパック。
このサイトを作る際、実際に使用してみましたが、「すごい」の一言です。

泡3エレガドール(カメリア)

肌に乗せることで血流を促す炭酸と、幹細胞を配合した炭酸パック
バリア機能と自己治癒力を持つというフコイダンも配合されています。
1万円を超える高額な幹細胞コスメの中で、45回分3,360円と、続けやすいお手頃価格。
これなら、毎日パックしても3,000円でお釣りが来ます。
セラムも販売されていますので、より一層の効果を求めたい人には、ラインで購入されることをおすすめします。

 

このページの先頭へ