幹細胞の若返りパワーの秘訣は細胞分裂にあり!

 

次世代アンチエイジングの方法として、化粧品業界ではいま、「幹細胞」という存在が注目されています。人体を作り出す「細胞を生み出す細胞」であり、うまく活用できれば、細胞レベルから若返ることが可能となります。具体的に、どのようなメカニズムで若返りが実現できるのか。数ある手段の中からどれを選ぶと良いのか。それらについて、情報を集めて精査してみました。

お肌との関係性を探る

先述の通り、幹細胞とは、簡単に言うと「細胞を生み出すもと」。体の至るところにあり、器官や血液など、人の体を作り続けてくれています。

お肌に関係するものは、表皮幹細胞と繊維芽細胞の2種類

これらが細胞分裂をし、必要な細胞を作り出してくれるからこそ、瑞々しいお肌を保つことができます。
ただし、細胞分裂の回数は、無限ではありません。

現在有力な説によると、細胞分裂の回数には上限があると言われています。また、細胞分裂の頻度も、少しずつ減っていきます

つまり、年齢を重ねれば重ねるほど、新しい細胞がつくられる数は減っていくのです。

そのため、加齢によってしわ、たるみ、くすみなどのトラブルが出てくるように。

幹細胞コスメを使うと、細胞を活性化させることができますから、健やかな肌作り、ひいては若返りを目指すことができると考えられています。

若返りのメカニズム

さて、もう少し詳しく「若返りのメカニズム」を掘り下げていきましょう。
先述の2種類のお肌を作る幹細胞が活性化すると、一体どんな変化が期待できるのでしょうか?

  • 繊維芽細胞活性化で真皮層の若返り

繊維芽細胞は表皮の下、真皮層と呼ばれるところに存在し、その組織の生成をしています。
真皮層を維持している成分は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなど。言ってみれば真皮層は、女性に人気のある美容成分の活躍の場です。
これらの成分は繊維状となりお肌の弾力を保っていますが、年齢によって繊維芽細胞が衰えると、成分不足に陥り、少しずつ弾力が失われていきます。

繊維芽細胞を活性化させることができれば、真皮層が若返り、弾力を取り戻せると考えられます。

  • 表皮活性化でお肌そのものの若返り

さて、表皮幹細胞の方はと言うと、表皮の奥に存在し、肌細胞そのものを作り出す役割を担っています。
新たな細胞が作られれば、角質層にある古い細胞は押し出されてはがれおち、新しい細胞と代替わりすることができますよね。つまり、ターンオーバーを整える力も、持っているのです。

表皮幹細胞が活性化すれば、年齢によって遅くなっていたターンオーバーが整い、トラブルの少ない肌作りができると思われます。

「幹細胞注入」のメリットと副作用

危険では、具体的にどのような方法で、自分の美容ライフに取り入れたら良いのでしょうか?
ここで、病院で行われる効果の高そうな「幹細胞注入」という方法を取り上げたいと思います。

細胞を再生させたい箇所に、幹細胞を注入することによって行われます
お肌に注入ができれば、お肌が若返るのではと女性の注目を集めているようですが、ちょっと待ってください。
これは、「自分以外の細胞を正規のルート(つまり食事)以外の方法で体内に入れる」ということなのです。

ドクターは万全の注意を払って施術してくれるとは思いますが、臓器移植の際に見られるような拒絶反応が起こる可能性がゼロではありません。
また、注入後数日~1か月程度にわたり、眠い、だるい、食欲が無い、熱っぽいなどの症状が出るようです。

この方法は、重大な病気で組織の一部を失った人の治療にも使われています。
これらの副作用を考えると、そういった場合で無い限り、注入はやめた方が良さそうです。

安全に若返りを目指すなら

炭酸パックイメージ結局、幹細胞で若返りを目指す最適な方法は何でしょうか。
検討をした結果、毎日使えて副作用のない化粧品を活用することが良さそうです。

効き目は、組織に直接注入するより穏やかだと思われますが、何より安全です
できるだけ効果の高い商品を選ぶように心掛ければ良いのではないでしょうか。

私が思う「効果の高い細胞活性化コスメ」は、細胞に栄養を届ける血液の流れを良くしてくれる働きを併せ持つものです。
現在では、カメリアから発売されている幹細胞配合の炭酸パックが、この条件にマッチしています。
本気のエイジングケアを目指すなら、是非一度、試してみてください。

 

このページの先頭へ